カンジダ 初期症状 自覚症状 感染確率

カンジダの初期症状と自覚症状

カンジダの初期症状・自覚症状は次のとおりです。

  • 潰れやすい小さい膿を持った発疹の発生
  • かゆみ
  • 皮膚の一部が赤くなる(かぶれ)

カンジダは女性の外陰部に常駐する細菌ですが、男性のカンジダは、セックスパートナーの女性が腟カンジダ症にかかっている場合によく見られます。
カンジダは通常は人体に悪影響を及ぼしませんが、症状が現れる場合、陰茎・膣・口や皮膚の湿った部位に上記のような感染症を引き起こします。

 

カンジダの感染確率

性行為によってカンジダに感染する確率は、一回の性行為につき5%程度とされています。
男性の場合、シャワーや入浴で皮膚を清潔にしている限り、カンジダに感染する可能性は非常に低いとされています。